MENU

わきがとは?

ワキガの原因のほとんどは遺伝と言われています。
両親共にワキガだと70~80%の確率で子供に遺伝し、両親のどちらかがワキガの場合は50%、また親戚にワキガの人がいた場合でも遺伝すると言われています。
ワキガは決して人にはうつらないし、病気でもありません。

 

臭いの原因

汗腺は二つの線が存在します。
臭いの原因は、アポクリン線から出る汗の量が多い為です。
ワキガじゃない人もアポクリン線は存在しますが、ワキガの人はアポクリン線の量が多く、その粒も大きいと言われています。
アポクンリン線の粒は老化と共に小さくなる為、年を取ると若い頃よりも臭いが少なくなります。

 

もう一つの汗腺はエクリン線と言います。
エクリン線から出る汗の99%が水分なので臭いを発する事はありません。

 

ワキガ菌

ワキガ菌とも言われている菌を「コリネバクテリウム菌」と言います。
この菌はワキガ体質の人に増殖しやすく、この菌がアポクリン線から出る汗を餌にしています。
餌を食べた菌が排出した糞によって、ワキガ独特の臭いがするのです。

 

大切なのは、菌の増殖を抑える事と、臭いを抑える事です。

 

 

わきがクリームとは?

制汗剤の選び方

ドラッグストアや通販で簡単に手に入る制汗剤。
しかし間違った選び方で余計に臭ってしまうかもしれません。
制汗剤の種類を見てみましょう。

 

スプレータイプ   おすすめ度1

手軽に使えて、ワキガじゃない人でも使っているスプレータイプ。
その分消臭力・持続力が少ないので、ワキガ体質の人にはおすすめできないません。

 

ローションタイプ   おすすめ度2

化粧水の様に直接脇に付けるタイプです。
汗をかいた後に肌に塗るとサラサラする効果があります。
付けた直後は気持ちいいのですが、残念ながら臭いを抑える効果は弱いので、こちらもワキガの人にはあまり効果が期待できません。

 

シートタイプ   おすすめ度3

汗をかいたまま脇を放置しておくのはよくありません。
そのままにしておくと、毛穴が詰まり細菌が増殖しやすくなります。
汗をかいた・脇がべた付いてると思ったら、シートタイプで汚れをふき取り清潔にしましょう。
脇を清潔にする事は、ワキガ独特の臭いを強くさせない効果があります。

 

スティックタイプ   おすすめ度4

脇に直接塗る事ができるので、臭いを抑える効果があります。
汗を抑える効果はあまり期待できませんが、ワキガは臭いを抑える事も大切なので、スティックタイプはおススメです。
効能・効果の部分に「ワキガ」「ワキ」と表記してあるタイプの物がいいでしょう。
濡れているワキには効果がないのでしっかりと汗を拭いてか塗って下さい。

 

クリームタイプ   おすすめ度5

一番のおすすめは、クリームタイプです。
毛穴に塗り込む事ができるので、かなりの消臭効果があります。
また肌が乾燥すると皮脂腺から出る皮脂がワキガの臭いと混じりあい更に臭いが濃くなり臭くなります。
その為、直接塗れるクリームは保湿力があるので、ワキガ体質の人に適していると考えられます。

 

 

 

 

ワキガクリームの失敗しない選び方

できる事なら一番効果のある物で実感していただきたいので、「おすすめ度5 クリームタイプ」について書いていきたいと思います。
買って後悔しない為にも、選び方のポイントを把握しておきましょう。

 

  1. 殺菌作用がある
  2. 消臭力が高い
  3. 無香料
  4. 持続力

 

殺菌作用がある

アポクリン線からでる汗をエサにしている「コリネバクテリウム菌」。
この菌が増えると臭いが強くなってしまいます。
また、放っておくと衣服に臭いが付いて、そこから臭いが広がってしまいます。
その為菌を殺菌してくれるクリームはとても効果的です。

 

消臭力が高い

ワキガは臭いを抑える事が大切です。
「ワキガ」「ワキ」専門のクリームを選ぶようにしましょう。

 

無香料

香料が入っている物は香りがいいのでつい選びたくなってしまいがちですが、香料はワキガ臭と混じり、更に独特な臭いになってしまいます。
そしてその香りが毛穴に付き毛穴に詰まるので、無香料の物を選びましょう。

 

持続力

「一日に何度も塗り直すのも面倒だし、クリームの減りも早くてコスパがよくない。」
そんな事を防ぐ為にも、持続力の強いクリームを選びましょう。
ワキガとは長いお付き合いになるので、使い続けたいと思わなければ意味がありません。

 

以上4つのポイントを頭に入れておけばクリーム選びの失敗も防ぐ事が出来ます。

 

他のタイプ(スプレー・ローション・シート)の消臭効果は、ワキガ独特の臭いを消してくれる強い消臭力が低いのです。
また消臭力も強くないので、ワキガの臭いの方が勝ってしまいます。
またパウダータイプは毛穴に詰まりがちで、痒みが出る場合あります。

 

 

スティックタイプの物は直接脇に塗るので、上記の物より効果が期待できます。
しかし塗れる面積が狭い為ムラになりやすいのです。
そして頑張って使ってもどうしても最後まで使い切れないので、勿体ないですよね。

 

その点クリームタイプは最後使い切る事ができるので嬉しいです。
また指で直接塗る事ができるので、浸透力が良く、強い消臭効果が期待できます。
制汗剤の中で最も消臭効果が高いのはクリームなので、ワキガの臭いに大きな役割を果たしてくれます。
徹底的に臭いを抑えたい人や、中度・重度のワキガの人にはもってこいなのです。

 

わきがクリームは肌に優しいの?

全部のワキガクリームが肌に優しいとは限りません。
せっかく使うなら、敏感肌の人や子供も使える肌に優しい物がいいですよね。

 

「クリームタイプを使っていたらかぶれてしまった。」
「痒くて、湿疹ができてしまった。」
新たに悩みが増えない様にする為にも、肌に優しいクリームを使いたいものです。
合成成は肌荒れやかぶれを引き起こす原因となってしまいます。
特に元々肌が弱い人は特に気を付けた方がいいでしょう。
肌トラブルを起こす原因になす物質は、香料・着色料・石油系界面活性剤・パラベン・紫外線吸収剤・酸化防止剤・合成ポリマーなどです。
脇の皮膚は薄く、とてもデリケートな部分です。
肌に自信がある人でもなるべく合成成分の入っていない、天然由来の物を選ぶ様にしましょう。

 

 

ワキガクリームはわき汗予防にも効くの?

汗をかいても大丈夫

「汗なんてかきたくない!だからワキが臭くなる」
「汗かきたくないから汗を出にくくするクリームを使おう。」

 

そう思う人もいるかもしれませんが、汗をかく事もとても大事な事なのです。
逆に汗をかかないと、ベタベタと悪い汗になり、更に臭くなるので適度な運動をして悪い汗を流してあげましょう。
普段から汗をかき、汗腺の新陳代謝を活発にしておけば、冬のワキのワキガの臭いも違ってきます。
ワキガの人は汗をかいていなくてもワキガ臭くなりやすいと言われています。
「コートを脱いだら臭い」など冬場でも臭い時ありませんか?
それは、冬場は汗をかきにくいので、新陳代謝が落ちてしまい汗線の活動が悪くなり、「悪い汗」が溜まるからです。
するとほんの少し汗をかいただけで、夏とは違う濃厚な臭いがするという訳です。
そして汗をかいたからと言って臭くなる訳ではありません。
汗をかいたワキを放置して、雑菌を増やした為、更に臭くなるのです。

 

これ以上臭いを強くしない為にも適度な運動をして
良い汗をかき、汗をかいたらワキを拭く事。

 

それを踏まえた上で抑制するクリームを探すとより効果的です。

 

洋服のシミ

「ワキ汗のせいで、脇染みができて恥ずかしい。」
「ワキ汗をかいたから、黄ばんでしまった。」

 

せっかくのお洒落もワキ汗のせいで台無し。
更にワキ汗を気にして汗をかいてしまう。
そんな事ありませんか?

 

ワキ汗は汗をかけば誰でも洋服に汗が染み出てしまいます。
洋服が黄ばんでしまう原因は、黄ばみの原因である「リポフスチン」という成分がでる為です。
ワキの染みには、ワキ汗パットをおすすめします。
ワキ汗パットにも雑菌は付くのできちんと取り換えてワキを清潔に保ちましょう。

 

勿論汗を抑制するクリームはありますが、ワキガクリームは「汗を抑制する事」よりも「ワキガ臭をさせない」「殺菌効果」重視なので、ワキガ専門のクリームを探している人は汗を抑制する事に強くこだわらない方がいいです。

 

まとめ

ワキガクリームを使ってワキガが治るわけではありません。
しかし、ワキガクリームを使って臭いをさせなくする事は充分可能なのです。
「もう諦めかけていた」「何年も悩み続けている」「子どもがワキガで・・」
そんな人は是非ワキガクリームを試してみて下さい。
悩みを一つでも減らして、気持ちのいい毎日を送りましょう。

更新履歴
このページの先頭へ